〈写真付き〉水アカスポットクリーナーで落ちない水アカをスケール酸性クリーナーで落としてみる【インプレッサG4】

今回で車のコーティング系第3弾となりました。

元々車の洗車・コーティングには無頓着でしたが、一度やり出すと更なる艶や理想の撥水を追い求めたくなってしまったんです。

第1回は、シュアラスターのゼロウォーターの施工

第2回は、リンレイの水アカスポットクリーナーの施工

第3回、今回はアルカリ性の水アカスポットクリーナーで落ちなかった水アカを、酸性のクリーナーで頑張って落としてみようと思います。

なんでスケール酸性クリーナーを使うの?

シュアラスターのゼロウォーターは1000円ちょっとで市販で買える親水系の撥水コーティング剤になります。


シュアラスター ゼロウォーター(150ml)【S-107】

元々ディーラーで軽研磨ポリマーコーティングをしてもらったのですが、明るい外でボンネットを見てみると、ウォータースポットやくすみが目立っていました。

ゼロウォーターは撥水に加えて、艶出し効果もあるのですが、艶が今ひとつ納得いきません。

原因は、肌の汚い人がどれ程良い化粧品を使っても見た目が美しくならないのと同じで、本来の下地がよろしくないと推測しました。

<第1回>【車コーティング】黒・紺系にはゼロウォーターが捗る

それで、第2回で紹介したリンレイの水アカスポットクリーナーを使用した訳です。


RINREI(リンレイ) ボディークリーナー 水アカスポットクリーナー B-14

リンレイの水アカスポットクリーナーは、水アカ落としでは安価で性能もよいコスパに優れた商品です。

事前に調べた通り、ポリマーコーティングゼロウォーターも見事一発で除去してくれました。

<第2回>車のコーティングを落とすなら水アカスポットクリーナーが捗る

肝心の水アカ(ウォータースポットやイオンデポジット)や水アカのくすみについては、くすみが少しなくなりはしたものの、その後再度ゼロウォーターを再施工してもいまいちの結果でした。

本人
本人

研磨で落ちてない訳だからそりぁ厳しいよね

上乗せコーティングでもアルカリ性でも消えない水アカをやっつけるためには、更なる鏡面研磨or高品質のガラスコーティングをしよう!!とも考えたのですが・・・

高い…マイカーのインプレッサはサイズで言うとMサイズに該当するらしく、オプションにもよりますが6万~12万と予想以上のお値段…

ならば、まずは自分でできる酸性のクリーナーを使用してみようと思った訳です。

本人
本人

お願いだから水アカ消えて下さい!!!!

インプレッサG4の水アカ(ウォータースポット、イオンデポジット、くすみ)を公開

研磨(どの程度の研磨かは不明)でも消えなかった大きなウォータースポットを紹介します。

白い斑点が目立ちます

続いてが、ボンネットにあるくすみです。こちらは、研磨する前の写真はないのですが、研磨でかなり綺麗になった方です。しかし、水アカによるくすみか小傷によるくすみかは不明ですが、水に濡れたような艶感には程遠いです。(写真で伝わるかな~)

くすみより埃が目立ちますが・・・

7年ほど洗車をしなかった代償が今の結果です。今更マイカーのG4に愛着が沸いた今だからこそ、可能限り新車に近い状態にして、こまめに洗車したいと思っています。

まずは洗車をしよう

①洗車&水アカスポットクリーナーでコーティング落とし

まずは、余分な汚れや砂埃、表面のコーティングを落としていきます。

洗車前
本人
本人

写真だと分かりづらいが艶感がいまいちで近くで見ると埃のようなくすみがあります。

洗車の過程は省略します。今回使ったシャンプーは有名なシュアラスターを使用しました。コーティングを落とすのに使ったのは、<第2回>(前回)で使用した水アカスポットクリーナーです。(もったいないからね)


シュアラスター 洗車シャンプー [ノーコンパウンド] カーシャンプー1000 SurLuster S-30

シュアラスター 鏡面仕上げクロス [カーワックス・コーティング仕上げ用] SurLuster S-45

シュアラスターは昔からある信頼のブランドでどの店にも置いてあるおススメのメーカーです。某オートバッ〇スというお店で、シュアラスター製品のまとめ買いで割引されていたので、衝動買いしました!!

こんな感じで、水アカスポットクリーナーを使用するだけで、撥水性能がゼロになります。

本人
本人

ディーラーでのポリマーコーティングや過去2回のコーティングは何だったのかと少し虚しい…

しかし、流石水アカスポットクリーナー。安定のコーティング除去性能です。水アカがどの程度落ちたかはわかりづらいですが、表面の水アカに関しては多少落ちていると思います。

水アカスポットクリーナー施工後

本人
本人

コーティング見事禿げました!!撥水ゼロです

拭き上げ後のむらを見る限り、水アカはまだありそうですが

<おまけ>鉄粉除去もしてみました

施工中の画像撮り忘れましたが、ディーラーでの研磨&ポリマーコーティング時にしていただいてたのでしょう。ボディの鉄粉は、ほぼほぼありませんでした。

依然と残るウォータースポット
ボンネットに残るウォータースポット
近くで見るとやはりくすんでいる
洗車&水アカスポットクリーナー&鉄粉除去後
本人
本人

洗車前に比べると艶はやや増しましたが、近くでみるとさほどの変化はありませんでした。

ちなみに今回使った鉄粉除去はお手軽にスプレーして洗うだけのタイプで、比較的安いものを使用しました。鉄粉に反応して液剤の泡が紫色に変化するので、非常に分かりやすいです。今回、ボディーへの鉄粉はほとんど無いですが、ホイール周りはさすがに付着していました。2~3か月もあれば鉄粉は付着しザラザラしてくるみたいので、持っておいて損はないと思います。


カーオール(CARALL) ボディークリーナー 車まるごと鉄粉クリーナー 2069

②スケール酸性クリーナーを紹介

今回使用するスケールはカーピカイムズの除去剤

Amazonで調べてみると3000円弱とお手頃の値段だったので即購入しました。


ステイン&スケール酸性クリーナー200ml プロ・洗車上級者用 雨ジミ除去剤 ウロコ除去剤 シリカスケール除去剤 ウォータースポット除去剤 イオンデポジット除去剤 黒ずみ除去剤

こちらの売り文句は、シリカスケール除去剤ならではのウォータースポットイオンデポジット除去ができるのはもちろんの事、「PRO推奨」「最終アイテム「圧倒的洗浄力」「黒ずみ除去剤」と書かれています。

本人
本人

これで落ちないなら諦める。

と過度な期待をもたないようにしていましたが、売り文句を聞く限り落ちる予感がしてきます。(お願い落ちて!!)

カーピカイムズのシリカスケール除去剤とは

簡単に言うと、酸性の力でアルカリ性の汚れを中和させて落としますよっていう商品です。酸性の液体を塗布することで、汚れを浮かせて擦りとるような感じです。擦ると言ってもゴシゴシ研磨するものではなく、ふき取るイメージです。

カーピカイムズスケール除去剤のpHは1です。酸性としては、一番強いものになります。※皮膚を守るために手袋を着用します。

特徴
・頑固な水アカ・黒ずみ・塩カル・ウロコ・ステイン汚れ・シリカスケールを除去
・キッチン・洗面所・風呂場などでも使用可能。軽く擦るだけで分解溶解
・本商品で落とせるうろこ状輪ジミは、水道水や井戸水などのミネラル成分が硬貨付着したもの。
・塗装まで侵食・焼き付いた輪ジミは、本剤では除去不能。コンパウンドで別に研磨が必要


ステイン&スケール酸性クリーナー200ml プロ・洗車上級者用 雨ジミ除去剤 ウロコ除去剤 シリカスケール除去剤 ウォータースポット除去剤 イオンデポジット除去剤 黒ずみ除去剤

G4をスケール除去剤で水アカ取りしてみた

取り扱い厳禁ですね

今回は、一番くすみが気になる①ボンネット、大きなウォータースポットがある②フロントサイド&トランク、ウォータースポットがある③天井を中心に施工していきます。

では、本編である水アカを上記で紹介したカーピカイムズのスケール除去剤で除去していきたいと思います。

まずは、酸性の液体ですのでしっかりと手袋をします。液体の塗布は、しっかりと本剤を水アカに浸透させ余計な傷を付けないために、柔らかいマイクロファイバーを使用していきます。塗布用とふき取り用、余分にもう1枚あるといいでしょう。

液体をマイクロファイバーに塗布しボディーを拭く際は、反応を見ながら30~60秒程でふき取ってください

つまり、30~50㎝四方の狭い範囲で少しずつ作業を進めていく必要があります。

水アカが反応しないだと・・・
乾き始めると白くくすみ始める…時間厳守ですね

※くれぐれもボンネットに液体をしみ込ませたタオルを乗せたままにしないでください。シミの原因になります。

マイクロファイバーやスポンジに吹きかける量は、垂れない程度でよいですが少なすぎてもだめです。商品の使用方法では、垂れない程度で多めと記載されています。

非常に分かりづらいが、少しくすみ感は取れた印象

初めて強酸性のスケール除去剤を使った感想とまとめ

プロ専用と記載され、全ての事を理解してから自己責任で作業をしてくださいと注意書きがある本商品。それは、強酸性で皮膚や使い方によっては塗装・車にダメージを与えてしまう恐れがあるからです。

実際、薄まった本剤が手に付着してしばらくすると、ヒリヒリと痛み始めました。すすぎの工程で足にもかかる恐れがあるので、靴を履いて作業しましょう。

私は車に無頓着で最近youtubeで施工動画を見た程度の素人なので、正直不安もありました。しかし、使用方法を遵守した上で、狭い範囲から少しずつ作業することで、大きなトラブルなく無事施工することができました。

私のように黒・紺系に車に乗っている人は、ウォータースポットやイオンデポジット、スケール汚れは悩みの種です。今回購入したカーピカイムズのスケール除去剤は、手ごろな値段で購入でき素人ができる最終手段ではないでしょうか。

初めての施工に時間はかかってしまったものの、目立つ水アカは除去できませんでしたが、表面の水アカによるくすみは少し解消されました。

というか、私の場合は丸7年ほどまともに洗車をしてこなかったため、塗装までダメージを負っていたという事が改めて分かりました。実際、ディーラーでの研磨後に「これは研磨でもとれませんでした」と言われるくらいですからね。

ぜひ、自己責任で試してみてください。また、他にもっとおススメの商品があれば、ぜひコメントしてくれると嬉しいです。半年後か1年後くらいに試してみますね(^^♪


ステイン&スケール酸性クリーナー200ml プロ・洗車上級者用 雨ジミ除去剤 ウロコ除去剤 シリカスケール除去剤 ウォータースポット除去剤 イオンデポジット除去剤 黒ずみ除去剤




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です