現役男性看護師の悩みって何?年収?女性社会?

まだまだ少ない男性の看護師。職業ならではの悩みって誰でもありますよね?

今回は、「看護師の悩み」の中でも「男性看護師」に焦点を当てて悩みを紹介します。

①看護師の生涯年収や給与事情

 

生涯年収とは、簡単に言うと生涯でもらう総給料です。

厚労省のデータでは

看護師の平均年収は482万9100円

ちなみに男性看護師は496万800円、女性看護師は481万3600円です。

(参照:令和元年賃金構造基本統計調査)

平均月収は30万越えだし賞与も平均80万越えだし決して悪くないように思える人も多いかもしれません。

看護師と言っても年収の幅が広すぎる

看護師が働いている場所は、ほんと田舎の小さなクリニックから大きな大学病院まで様々です。そして、女性が多いという観点からもアルバイト・パート・夜勤専従など働き方が様々。結婚を期に求職や転職をする方も多い職業なんです。

当たり前の事だけど年収はほんとピンキリです。

私の周りの給与や退職金事情をお話ししますと

小さな入院可能なクリニックの勤続20年の退職金→17万

200床未満のとある個人経営総合病院→退職金マックス300万まで

とある大手総合病院→勤続30年越えで退職金1000万オーバー

看護師=給与が高いというのは間違いです。

給与が高い病院で働けるから高い給与の人がいるだけです。

「看護師」であるかどうかよりどの病院で働くかが重要。

昇給も期待できない

看護師の給与は結局のところ、全国に数多くある病院や施設によって大きな差があります。

つまり、昇給もまばらという事です。自己研鑽して頑張っても昇給1000円/年ってところも数多く知っています。

看護師としてのキャリアップ

認定看護師」などにキャリアや専門課程を積んでなったとしても、数千の昇給のみである場合があります。いや、臨床経験や長期間勉強、高いお金払ってやっとなれるのに割に合いません。看護師から更なるキャリアアップして専門資格・免許を取ろうとする人は意外と少ないものです。

 

主任」「師長」に昇格すれば手当てが貰えますが、代わりに夜勤がなくなるか圧倒的に減ります。つまり、夜勤手当=夜勤10000円/回×月4回程がなくなる訳で、大きな昇給には期待できません。

つまりキャリアッ昇給には期待できないです。

看護師の年収に対する不安や劣等感

私は、東証一部上場の総合建設業に勤めていました。建設業界は何十という下請けやグループ会社が存在する業界なのですが、元請けになります。

その業界を知ってしまったため

看護師への生涯年収への不満・劣等感があります

大学の同級生が年収800万貰ってると劣等感抱くもの仕方ないか・・・

つまり

高い生涯年収のためには給与が高い病院への就職が必須

昇給は期待できない

退職金も期待できない

年収において男性であることは関係ない

キャリアアップ=昇給とは限らない

 

②女性社会で働くという事

厚生労働省によると2018年末で121万8606人が就業しています。ちなみに9割以上が女性です。

何百人と女性看護師がいる中で、男性看護師が10人程度というのは決して珍しくない訳です。

男性だから、女性だからと言って差別する訳ではありません。しかし、男女の価値観というものはどこかしらあるのが現実です。

パワハラ・セクハラに気を付ける

どの組織に属していても配慮しなければならないことですが、女性が多い職場であればより気をつける必要が出てきます。

仲良くなろうと思って安易に発言すると、セクハラのように捉われてしまったり、仕事上の理由できつい言葉を言うと予想以上に相手にダメージを与えてしまったり…

ハラスメントは相手がそのように感じた時点で、ハラスメントです。

女性が多い職場で働くという事は、女性ならではの価値観をよりいっそう尊重する必要性が求められます。

身だしなみや清潔感の徹底

本当は男性の職場でも気を付けなければならないんでしょうけど、女性が多いとなおさらです。

女性は身だしなみや清潔感に関して敏感ですからね。

何より、感染防止や患者様を不快にさせないために清潔は欠かせません

 

たまにはワイルドに髭を伸ばしたり長髪にしたりしてみたいけど、許されません

恋愛事情が筒抜け

女性は男性よりも恋愛話が好きな傾向ではありませんか?看護師も同じです。特に、お喋り好きな人多いですしね。

仲の良い女性看護師に迂闊に話した恋愛事情が、いつの間にか他の人にも伝わっていたという事があります。

つまり、院内恋愛なんてすればバレない訳がない。観察力が高い看護師が勤務先周辺にたくさん住んでる訳で、リスクが高いです。

迂闊な諸事情の話が予想以上に広まるんよな。憶測で広まることすらあったし、注意が必要かもね

力仕事を頼りにされる

男性=力が強いというのは、体の作り的に仕方ないです。

むしろ、男性である自分が必要とされる瞬間なんで嬉しいです。

しかし、同じ仕事をしていて同じくらい疲労はするんです。

何が言いたいかと言うと、「力仕事は自ら進んでやるのが当たり前だろ」というスタンスで力仕事を頼まれると正直萎えます。

 

男性看護師が働けない診療科が存在する

女性専用病棟や婦人科、美容クリニックなどでは働けないことがほとんどです。

働けるとこあるんかな?

診療科や施設は山ほどあるので特別困りませんけど、中には特殊な男性看護師が世にはいるかもしれません。

 

絶対に口や顔には出さないですけどね

男性・女性という概念を捨てる

給与や女性社会といった男女の差について述べた部分がありますが

男女で看護師の仕事内容が変わるわけではありません。

もし、男尊女卑などと言った昔の考えがあるなら看護師は勤まらないでしょう。男女差を心の奥底で配慮しながらも、男女の概念を捨てて皆平等に接する事が自重要です。

つまり、少なからず自我というものを自制しながら働いている場合があります。

男性が多い他の職業で働く人と話をすると、少し羨ましく感じてしまうんですよね。

③男性看護師に対する偏見や拒否

男性看護師は年々増加傾向にあり、絶滅危惧種ではありません。しかし、男女に対する意識は看護師間だけの問題ではないのです。

患者からの男性拒否

これは正直、私は一切気になりませんが患者からの拒否は案外多くあります。

これは仕方ないですよね。私も女性に陰部洗浄されるのには抵抗しかありません。

しかし、患者の中には男性を差別する人もかなり稀にいます。ムカつくという感情ではなく、少し寂しくなるのが本音です。

可能な限り配慮しており、患者の安全・安楽な入院生活や治療の援助をしている身であっても、差別的な発言は辞めていただきたいものです。

女性患者とのコミュニケーション

女性看護師が当たり前である中、男性看護師とのコミュニケーションに気を使わせてしまっている場合があります。

男性看護師は、いかに気を使わせないか、信頼してもらえるか考えながらコミュニケーションをしていく必要があります。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です